カテゴリー別アーカイブ: 未分類

耳を澄ませすぎていませんか

耳鳴りには大きく分けて3つの原因があるとされています。

1つ目は病理的なもので、中耳炎・内耳炎・外耳炎・鼓膜炎等、炎症が原因によるものと、耳管狭窄やリンパろう等の疾患によるものです。

病理的な理由からくる耳鳴りは、症状が治まれば耳鳴りも自然と収まる方が多いようです。

2つ目は筋肉や骨格の緊張からくるもので、肩や首のこり・背骨のゆがみ等からくる耳鳴りです。

こりや歪みが収まれば、耳鳴りの症状も収まる方が多いようです。

3つ目は心因的なもので、ストレスが原因とされるものです。

耳鳴りの治療は耳鼻科ではあまり期待できないようですが、病理的な理由からくる耳鳴りの場合は耳鼻科での治療が有効なので、まずは病理的な理由が無いか検査を行うことが大切です。

検査の結果に異常がなかったり、病理が治癒したにもかかわらず耳鳴りが収まらない場合は、心因的な理由が大きいようです。

体内では血液やリンパ液の流れ、筋肉の動きなど、様々な音が発生しています。

強い耳鳴りを経験すると、再び起こるのではないかと耳鳴りを意識して耳を澄ましてしまい、その小さな音を耳鳴りとして捉えてしまうことも多いようです。

自律神経を整えリラックスをする為に40度くらいのお風呂に15分程浸かると、自覚症状のない凝りやストレスを緩和する為に効果が期待できます。

相手の話す言葉が聞き取れない、テレビの音が聞こえない、といったような強い耳鳴りではなく、慢性的にサラサラ・きーんとなる程度の耳鳴りでしたら、生きている証として受け入れてしまうと自然と気にならなくなるようです。

(東京都 ゆかりさん)

耳鳴り薬市販




両親に教えてもらった思春期ニキビの対処法

私も思春期にはニキビに悩んでいました。

特に、頬や鼻に無数に出来ていたので、それがコンプレックスだったりしました。

そのために、私は母親にいろいろとアドバイスをもらったりもしていました。

そして、母親に貰ったアドバイスの一つは、ニキビってビタミン不足など食事面の影響が大きいということです。

そのアドバイスを貰ってからは、私はなるべく野菜類を食べるようにしていました。

特に、成長過程の思春期って脂物や肉が大好きなので、食事の偏りだけは防がなければなりません。

実際に私がニキビ対策として、母親に進められていたのはワカメサラダでした。

これは、ビタミンたっぷりなのでニキビ対策になると言われ、よく食べていたのを思い出します。

そして、他にニキビ対策として母親に勧められたのは、水を良く飲むということです。

それは、水を良く飲まないと老廃物が外に出ないので、それを心がけていたことを思い出します。

特に、私の実家は浄水器があったので、食事毎やのどが乾いたらなるべく水を飲むようにしてました。

これらのように、ニキビ薬をつける以外でも、普段の生活をいろいろと見直していけばニキビ対策って出来るはずです。

それはいろいろな方法があるので、自分に合ったものをみつけるべきです。

(福岡 ケイジさん)




むくみ解消はとにかくストレッチ!

私は運動不足が一番の要因になっていると思いますが、
足が一番むくみます。正座などすると足が浮腫んでいるのがとってもよくわかります。

お風呂に入ってさすったりもしましたが、あまり実感がなく常に足は浮腫みっぱななしでした。

ですが最近ストレッチポールを購入し毎朝10分から15分ストレッチしだしてから全身の代謝がよくなったのか足のむくみを殆ど感じなくなりました。

先日友達にも顔周りがすっきりしたと言われました♪

便秘、肩こりにも効果がありましたので是非おすすめです!